ブログ

P&A TIPS

採用代行会社のメリット・デメリットと利用に向いている会社の特徴

■はじめに

弊社では中小企業・ベンチャー企業様を中心に採用の支援を行っております。

その中でも最もコアな位置を占めるサービスが「採用代行」です。

 

中小企業・ベンチャー企業において、自社を成長に導く人材の獲得は経営上かなり重要な位置を占めています。

しかし、中小企業・ベンチャー企業の採用はとても難しく、売り手市場と言われている市場の中でも中小企業・ベンチャー企業では、求人倍率がとても高くなっています。

※参照

つまり、中小企業・ベンチャー企業ではただでさえ人材の獲得が難しい上に、時間や工数がかかる採用活動を、できるだけリソースを抑えて行う必要があるのです。

 

そこで、弊社では「採用をもっと手軽に、もっとユニークに」のコンセプトの通り、

「もっと手軽に」⇒採用業務を最小のリソースで成功へ導く

「もっとユニークに」⇒企業様毎に合った採用計画をプランニングする

といった企業の採用代行サポートをしております。

 

採用代行を使うメリット・デメリットや、どういった企業様に向いているのか、こちらの記事でご紹介していきます!

 


 

■採用代行を利用するメリット

①採用力を高められる

人材を迎え入れたいといっても、何から始めればいいのかわからないことも多いのではないでしょうか。

募集したい人物がどうやったらどのくらい集客できるのか、なかなか情報も出てこないものです。

 

採用代行会社は多くの企業の採用活動を実際に運用している、採用のプロです。自社に合った計画を立てて実行することで、採用力を高めることができます。

 

弊社では年間600社以上の採用代行をしている実績から、

会社様毎にベストな戦略をご提案しております。

採りたい人材の要件の整理や、その人材をどう集客するかの計画、

そして計画に沿った運用まで、一貫してサポートします。

 

②母集団形成の最大化を図れる

何か採用活動を始めた際、ただ待っていればいい応募者が来るということは稀です。成功させるためには、マッチした方法で適切な運用をすることが重要です。

 

自社に合った媒体に適した運用をしなければ、マッチした人材を集客することは困難です。

 

採用代行サービスでは、定めたターゲットに向けたスカウトメールの配信や、状況を見ながらの求人原稿の修正、改善など、手間のかかる部分も、ノウハウを生かしてサポートできます。

 

③トータルでの採用コストを抑えられる

採用活動には見えないコストが多くかかっています。

もし、専任の採用担当を1名雇い入れると、毎月お給料を払うことになります。

かといって、別業務と兼任の担当を設けると、採用活動にコミットできずに失敗してしまう、もしくは本業務の機会損失が発生する可能性もあります。

採用代行を活用することにより、専任の担当を雇うよりもコストを抑えることができます。

■採用代行を利用するデメリット

・ノウハウが社内にたまりにくい

採用代行をすることにより、やり取りが最小限に抑えられ、時間が多く取れる反面、

任せきりにしてしまった場合、どのような施策をどう動かしているか見えなくなってしまうことがあります。

 

そうした場合、いざ自社内のみで採用活動をする必要が出てきたときに失敗してしまうかもしれません。

自社の強みや、どういう施策で成功し、どういう施策は合わなかったのかといった要因をしっかりと分析し振り返ることで、採用代行を活用しながら自社独自のノウハウとして昇華することができます。

 


 

■採用代行を利用するのに向いている会社とは?

・採用担当が社内にいない会社

社員を募集する際は、社長や事業部の責任者が自ら動くしかない。という会社様も多いのではないのでしょうか。

また、そのたびに業務が増え、採用活動を行うことを足踏みしているというお声もよくいただきます。

採用代行をうまく活用することで、本業の時間を減らすことなく、安定的な採用活動を実現できます。

 

・採用担当が他の業務を兼任している会社

採用担当が、人事、労務、総務、営業などを掛け持ちしている会社にも、採用代行はおすすめです。

会社からは高い目標を与えられているのに、日々の業務量が多すぎる・・・

といった際に、採用代行を利用することで母集団形成業務や個別の連絡といった業務を軽減できます。

残りの時間で面接や説明会などのコアな業務に集中できるため、効率よく採用活動を行うことが可能です。

 

・採用活動をするのが初めての会社

これまでは社員の紹介や代表の知人をメインで社員募集をしてきたが、さらなる会社の発展のためにも、

社員数を拡大していきしたい。という際にも採用代行は有効です。

すでにある採用活動の業務を代行するだけではなく、採用に必要なものの準備からサポートしてもらえるため、初めからより良い運用ができます。

弊社では、どのような人材を募集するかという要件の洗い出しや手法の選定、求人媒体求人原稿の作成など、採用に必要なものすべて一括でご提案可能です。

・これから積極的に企業拡大を考えている会社

社員数をどんどん増やしていきたい!という際には、採用のスピードが今までと段違いに早くなります。

日々の業務はもちろん、面接や説明会などもしなければならないため、どこかでかなりの負担を強いられることになり、目標人数に達しない、要件に達していない人材を採用しミスマッチが起きてしまう、といったことにつながります。

依頼できる業務を削減することにより、選考に集中することができ、よりよい人材の確保ができます。

■おわりに

今回は採用代行のメリット・デメリットのご紹介と、P&Aの採用代行はどのような会社に向いているのかというテーマでした。

 

採用を外部に任せる、と聞くと少し不安に感じる部分もあるかもしれません。しかし、弊社では業務だけをこなす外部の会社としてではなく、計画立案から入社まで二人三脚で寄り添うパートナーのような形で採用をサポートしています。

 

採用代行をご検討の会社様はもちろん、採用に関して少しでもお悩みの点がありましたら、ぜひまずはプロである弊社にお問い合わせください!

Source of place and ability

ご相談のみもお受け致します。
ぜひ一度、気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら